たまには、お勉強ブログ”神経編” #001

Pocket

薬と体のしくみの勉強やら、登録販売者のお勉強やら
かるい薬理学の復習程度に読めるようなブログを書いて
ダメ人間イメージから素敵メンへ
イメージアップをはかるべく、たまに賢そうなブログを書きます。

いつ燃え尽きるかわかりませんが
イメージアップにつながったら続けます!!

彼女候補が見つかったら辞めるかも?

今回の第1回は、

 ” 神経 ” についてです。

この神経を理解すると
薬の主作用と副作用などを丸暗記で覚えていたのが
関連付けて覚える事ができます。

神経には
中枢神経 と 末梢神経 があって
脳ミソ神経 と 体中に張り巡らされてる神経があります。

その神経のうち
今日は、内臓とか感覚とかを感じ取る抹消神経について
解説します。

この末梢神経とは
自分の意思で動かせない 自律神経

自分の意思で動かせる 体性神経

に分かれます。

自律神経には
交感神経と副交感神経があって

体制神経には
運動神経があります。

この神経達が制御している場所は・・・

自律神経
 主に内臓とか自分で制御できない
 臓器とかをオートマチックに制御してくれる
 神経です。

運動神経
 腕とか足とか指とか動かしてる神経で
 自分の意思で動かす神経です。

神経の末端では、
脳ミソから各臓器を動かすための情報が神経を通して送られてきて
神経から臓器に情報を送るために神経伝達物質が放出されます。

 

 

 

 

 

 

交感神経から放出される情報伝達物質は、アドレナリン

副交感神経から放出される情報伝達物質は、アセチルコリン

運動神経から放出される情報伝達物質は、アセチルコリン

※例外で汗腺と副腎髄質を動かしてる交感神経からは、
 アセチルコリンが放出されます

  引っ掛け問題に注意です。

ココまでは、
そんなに問題なく暗記できると
思うのですが

問題は・・・

内臓ってヤツは、
交感神経と副交感神経の
両方で制御されているので
交感神経と副交感神経のどっちが
強く働いている時に身体がどうなっているか
理解するのが大変だと思います。

やはり
イメージしやすいのは

交感神経が興奮してる時は
戦っている時やスポーツしてるときの 
身体の状態になります。

 

 

 

 

 

 

副交感神経が興奮している時は
お食事してるときや、本を読んだり・・・睡眠してる状態
身体がリラックスしている状態になる

 

 

 

 

 

・・・って感じにかな?

具体的には
交感神経が興奮している時・・・

つまり、戦っている時は、

身体が酸素を欲しているため
心臓がドキドキうごいて
血をいっぱい身体に流して筋肉に栄養を流して・・・
戦ってる時に食欲なんて無いですよね?
だから胃とか腸とかの消化管の動きは抑制されて
スポーツとかしやすく動きやすくなってるわけです。

貴重な栄養や酸素を食べ物の消化に使っていたら
力が出し切れなくて試合に負けちゃうでしょ?

副交感神経が興奮している時は
身体がリラックスしている状態だから

消火器系も食べたものを吸収できるようにしっかり動いて
心臓もゆっくり動いているわけです。

ダラダラしてるときは、お菓子に手が伸びつつ
気持ちもゆったりしてますよね?
それは、副交感神経が元気になって
内臓も元気になっちゃうからなんだよね

この神経のコントロールを
薬でもコントロールすることによって
咳を楽にしたり、胃の痛みを抑えたり
しているわけです。

ほいじゃぁ

どんな感じで
薬と副作用を関連できるか
例題を考えてみましょうね!

①アレルギーに使ったりしてる抗ヒスタミン薬の
副作用に抗コリン作用があります。
じゃぁ、どんな人に注意しなければいけないでしょうか?

抗コリン作用ってことは・・・
副交感神経が臓器に信号をおくるときにつかってる
つぶつぶ化学物質アセチルコリンの働きを止めちゃうわけよ
つまり副交感神経を止めてしまう作用ですね!
ってことは・・・
運動中の体に近い症状になるよね
リラックスしてないときの状態
内臓の動きが止まるのはイメージできますよね?

つまり、
便秘になったり、
おしっこが出にくくなったり
眼圧もあがったりします。

・・・ってことは

もともと
便秘気味の人や、
おしっこが出にくい人、
緑内障(眼圧の高い病気)の人は・・・

抗コリン作用が働いて・・・
症状が悪化する可能性がありますね。

②咳止めにはいってたりするエフェドリンには
交感神経を興奮させる働きがあります。
どんな人に注意しなければいけないでしょうか?

交感神経を興奮させるってことは・・・
運動してる状態の体にするって事だから・・・
血の流れが良くなって・・・
心臓がドキドキしたり・・・
体中に栄養を流して動ける状態にしたり・・・
からだが興奮状態になります。

・・・てことは、
高血圧の人、
心臓病の人、
便秘症の人、
不眠症の人
糖尿病(血糖値の高い人)などは
気をつけなければいけませんね

今日は、
交感神経が運動してる状態
副交感神経がリラックスしてる状態
をやりましたね

運動してるときの体の変化と
リラックスしてるときの体の変化が
イメージできるようにしてくださいませ

次は、
具体的に薬で神経をコントロールして
症状をおさえる仕組みをやろうと思います。

Pocket

侍猫

侍猫 について

【主な生息地域】http://samuraicat.jp/【生態】唐揚げとアロエヨーグルトが好きで思いつきで動く万年二十歳のイケメンをここ数年続けてる【備考】寝相は悪く朝には布団が無くなる
カテゴリー: 薬と体のお勉強 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください