医薬品登録販売者試験対策を基礎からわかりやすく侍猫さん的簡単解説した件 #030

Pocket

今日は、
薬害やります。
点取り問題ですから
しっかり正解しましょうね!!

理屈的に薬の働きを理解できるように
なったでしょうか?

説明が
登録販売者テスト範囲より
マニアックな所もあったかもしれません・・・
かなり薬理学的な解説でしたねぇ・・・

薬剤師国家試験解けるよね・・・

でも
作用の仕方、神経の働きを
しっかり理解していれば
売ってる問題集の
解説よりも詳しく解説ができるように
なったはずです!!

それでは、
薬害をはじめます。

・サリドマイド訴訟
サリドマイドとは、鎮静作用のある催眠薬です
鎮静作用があるので、吐き気止めとしても使われていました。

吐き気止め作用があるってことは、
妊娠中のツワリも抑えてくれるわけですが・・・

サリドマイドっていう薬には
”奇形児”が生まれる副作用があったのです。
最悪の組み合わせですねぇ・・・

そして
さらにサリドマイド事件で問題だったのが
”奇形児が生まれる”ってわかってからの
商品回収とか販売停止の措置が遅かったってことです。

だから
サリドマイド事件の教訓で
今の医薬品販売する環境における
市販後の副作用収集設備が整ったわけです。

・スモン訴訟
スモン訴訟は、キノホルムっていう薬が原因で起こりました。
キノホルムってのは
最初は、
傷口の化膿止めとして使っていた物だったのですが・・・

昔、キノホルムは
口から飲み込んでも身体に吸収されない
安全な薬と考えられていたため
アメーバ赤痢っていう
細菌性の下痢に使用されるようにりました。

さらに
安全な薬だと思ってるもんだから
細菌性の下痢じゃない下痢まで使われるようになってしまい
下痢には
じゃんじゃん
キノホルムを使うようになってしまいました。

そのため
キノホルムの副作用の
亜急性脊髄視神経症っていう
身体の神経を悪くして
シビレとか麻痺とか失明とかする患者が
沢山出てしまいました。

サリドマイド訴訟とスモン訴訟によって
副作用で困ってる人を助けましょうっていう
医薬品副作用被害救済制度っていう制度ができました。

・HIV訴訟(薬害エイズ)
血が固まらなくなる
血友病患者には
血から作った血液凝固成分を投与しなければならないのですが・・・
このときに
エイズウィルス(HIV)が入ってる
血液製剤を使ってしまったわけです。

まぁ
昔使われていた薬ですから
ウイルスを除去する技術が
無かったんじゃないの?
って思いますが

海外で
加熱してウィルスをやっつけた薬が
開発された後も
日本は、
海外の新しい薬の使用を許可しないで
加熱していない
非加熱製剤を使い続けさせてしまったため
HIV患者が増えてしまいました・・・

サリドマイド訴訟、キノホルム訴訟、薬害エイズ
と副作用被害によって
さらなる
情報公開の促進やら健康危機管理体制の確立がされました。

・CJD訴訟
プリオンっていう
悪いタンパク質に汚染された
人乾燥硬膜をつかったために
クロイツフェルト・ヤコブ病患者が広がってしまいました。

硬膜っていうのは
脳ミソを守ってる膜で
人乾燥硬膜ってのは
脳ミソのオペするときに
使われます。

このとき
ちゃんと硬膜についてる
病原性のあるプリオンを不活性化したら
CJD患者が増えなかったのですが・・・

そして
HIV訴訟とCJD訴訟によって
生物由来製品の安全対策強化がされました。

ざっくり解説なので
一度は文章をちゃんと読んでくださいね
厚生労働省の試験問題の作成に関する手引き 1章
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/07/dl/s0701-1a.pdf

・・・補足

解熱鎮痛剤は大事だから
チョットだけ
解説します

基本は、
どの解熱鎮痛薬も
同じ働きしますが・・・

何をするかって言うと
身体でプロスタグランジンを
作らせないようにしているのです。

そうすると
痛みが治まるんだけど・・・

副作用の胃腸障害とか
そういうのがでちゃうのです。

そいでは、
問題集をガンガン解いて
一発合格目指して頑張ってください!

受験料の二度払いは
もったいないですぞ!

Pocket

侍猫

侍猫 について

【主な生息地域】http://samuraicat.jp/【生態】唐揚げとアロエヨーグルトが好きで思いつきで動く万年二十歳のイケメンをここ数年続けてる【備考】寝相は悪く朝には布団が無くなる
カテゴリー: 薬と体のお勉強 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください