医薬品登録販売者試験対策を基礎からわかりやすく侍猫さん的簡単解説した件 #033

前回続いて
シーズンの鼻炎について

前回は、
薬の副作用でしたが

今回は、
アレルギー性鼻炎
そのものを理屈的に理解しましょう。

いま、流行っている
花粉症は、アレルギー性鼻炎な訳ですが
このアレルギー症状は、もちろん花粉のせいで起こってます。

花粉症は、花粉が鼻の中に入って起こるのは
何となくわかると思うんですが
花粉が鼻に入ってなんでくしゃみ、鼻水、鼻づまりが
でるのかわかりますか?

鼻にゴミが入って
くしゃみ鼻水がでるのと
花粉によるくしゃみ鼻水がるのと・・・

同じ事が体に起こってるのに
なんでこんなに症状が違うのかわかりますか?

ゴミが入って外にだす
ゴミを外に出すという体の便利反応の反射っていうのと

アレルギー反応の違いです。

花粉ってものを
体の免疫細胞が存在を知らないと
ただのゴミとして他の鼻に入ってきたゴミと
同じような反応をしますが

毎年毎年
花粉によって鼻を荒らされてると
体の免疫細胞が花粉のことを
ただのゴミじゃなくて花粉として認識するようになります。

すると
花粉が入ってきたら体にとっていらないモノって
免疫細胞が覚えてるから素早く反応できるようになり
敏感に反応するわけです。

この反応ってばい菌をやっつける仕組みと一緒です。
予防接種って弱くしたばい菌を元気なときに体に注射しておいて
免疫細胞にばい菌を覚えさせておいて
冬にインフルエンザが流行っても
免疫細胞が覚えてるからインフルになりづらいって
いうのと同じですね。

体がバイ菌やら花粉を前もって覚えてるから
がんがんやっつけたり、スムーズに外に出したりしてるわけです。

だから
鼻が出たり、くしゃみが出たりするのは
ゴミを外に出してる反応だから
一概に悪いとは言えませんが
生活に支障を来すのは問題有りな訳です。

花粉が鼻に入って
肥満細胞からヒスタミンが放出されて
アレルギー症状が出るるってのは
前にやったから
その回を読んでもらえばわかると思うので
今回は、アレルギー性鼻炎に
どんな薬が使われるか解説です。

抗アレルギー薬
アレルギーの元であるヒスタミンを
ヒスタミンが体で保管されている肥満細胞から
放出させない働きがある薬。

抗ヒスタミン薬
肥満細胞から放出されたヒスタミンが
鼻の細胞やらにくっつく場所があるんですが
そのくっつく場所に薬がくっついて
ヒスタミンがくっつかないようにブロックする
働きをもつ薬

抗アレルギー薬と抗ヒスタミン薬は
微妙に作用の仕方が違うから注意です。
違いを聞かれても答えられるように!!

ステロイド薬
鼻のうっ血やら炎症を抑える
炎症がひどいとむずむずもひどい
話すプレーに入ってたような・・・?

血管収縮薬 ナファゾリンが有名かな
鼻の中の血管がふくらんで鼻の通り道が狭くなって
空気の通りがわるくなるので血管を細くさせて
空気の通り道を広げる

今回はこんな感じでどうでしょうか?
前にアレルギーやったから
復習みたいな感じでしょうか?

ほいではお疲れ様でした。

疑問、質問がありましたら
info@samuraicat.jp
にメールくださいね。
少しでも理解できるように解説するように頑張ります。

あと・・・
侍猫企画のHPで気になる広告があったら
クリックして見てあげてください。

下の問題集は、
たまたま近くにあった問題集なので
この問題集ならページをメールくれたら解説できますよ

医薬品登録販売者試験対策を基礎からわかりやすく侍猫さん的簡単解説した件 #005

くまくま薬剤師の

”よくわかる登録販売者試験対策”

はじめます。

今日は、
アレルギーの仕組みです。

アレルギーの代表といえば
花粉とか喘息とかですが・・・

このアレルギー症状が起こるまでの
身体の細胞の動きが
わかるようになると
アレルギー薬の
違いがなんとなくわかります。

それでは
アレルギーが起こるまでの
身体の動きからです。

まず抗原が身体の中に進入してきます。
この抗原って異物の事です。
たとえば花粉とかね。

身体の中では
このなんだかわかっていない
抗原(いらないもの)を
マクロファージって言う
ばい菌を食べたりして
身体を守ってるヤツが抗原食べます。

すると
マクロファージの中で
抗原(いらないもの)が
みじん切りにされます。

この切断された
抗原(いらないもの)を
いらないものって認識する細胞で確認します。

するとヘルパーT細胞って言う細胞から
外来物質だから
気をつけようぜって信号を
B細胞に送ります。

すると
B細胞から抗体っていう
抗原(いらないもの)を
外に出さなきゃと確認する物質が
血の中に放出されます。

血の中を抗体が
グルグル回ってると
肥満細胞(メタボとはあまり関係ないですよ)にくっつきます。

肥満細胞っていうのは
ヒスタミンを放出する細胞です。

ココまでが
初めて抗原(花粉)に
出会ったときの動きです。

そして
この肥満細胞にくっついている
抗体に抗原(いらないもの)が接触すると
ヒスタミンが放出されて
アレルギー症状がでるわけです。

・・・ここで
ハチに2回さされたら死ぬって
きいたことありますか?

アレルギー反応って言うのは
2回目以降の方が反応がひどいのです。

抗原(いらないもの)が身体に入ってくる
2回目以降では
肥満細胞にすでに抗体とくっついています。

なので
抗体を時間をかけて
作らないでもすぐに
抗原(いらないもの)をすぐ排除する物質と
認識することができるからなのです。

認識しちゃったら
すぐにヒスタミンが出てアレルギー症状が
でるわけです。

花粉症ならクシャミ鼻水とかね。

アレルギーの人ってのは
ヒスタミンを放出する
肥満細胞に抗体がいっぱい
ついてるから
2回目以降のアレルギーは
早く強くアレルギー反応がでるのです。

初めて抗原に出会った人は
肥満細胞に抗体がついてないから
抗原が”いらないもの”って
わからないからヒスタミンの出が弱いから
アレルギー反応が弱いのです。

ちなみに
ヒスタミンってやつが
あんまり出すぎると
呼吸困難になりつつ血圧低下もおこって
ショックじょうたいになったりします。

食べ物アレルギーで死んじゃったりするひとは
ヒスタミンによって
呼吸困難になって血圧低下が
起こっちゃってたりするわけです。

アレルギーの人は
2回目以降注意してくださいね。

そんな
アレルギーを抑える薬としては
原因となるヒスタミンをどうにか
作用させないように働いてくれるわけです。

ヒスタミンを作用させない方法として

ヒスタミンを脂肪細胞から放出されるのを抑える
化学伝達物質有利阻害薬
クロモグリク酸ナトリウム

ヒスタミンが身体に作用する場所をブロックする
抗ヒスタミン薬
マレイン酸クロルフェニラミン

抗ヒスタミン+遊離抑制作用がある薬
ケトチフェン アゼラスチン メキタジン

OTCのアレルギーに使われる成分は
たくさんあるので
まとめて覚えてください。