山手線沿線に出没し話題のグルメやグッズにすぐ飛びつく万年二十歳のイケメンと言い続ける謎の生物。噂によると薬に詳しい何とか剤師の資格を持っていて部屋着はジャージらしい。基本的にリンクフリーです。

侍猫さんの気まぐれニュース【本店】

薬と体のお勉強

「自己免疫疾患とは」医薬品登録販売者試験対策やら基礎薬理学初心者へ侍猫さん的に簡単解説した件 #034

更新日:

先日”リュウマチの薬を飲んでたのに
副作用で指の形が変形して・・・
薬の副作用は恐いわねぇ・・・”
と言っていたリュウマチの患者さんを
お見舞いに行ったお友達の方がいらっしゃったので・・・

今日は、
自己免疫異常から起こる病気を
簡単に勉強してみましょう。

免疫ってなんとなくわかりますよね?

たとえば風邪とかインフルエンザなら
バイ菌やらウイルスを
やっつけてくれる体の仕組みです。

体の中で免疫機能が
正常に働いているおかげで
バイ菌に感染しても病気が治って元気になるわけです。

この免疫機能が正常に働かなくなると
いろんな病気になるわけです。

正常に働かなくなるというのは、
免疫機能が暴走して自分の体を攻撃してくることです。

免疫細胞がバイ菌をやっつけるように
自分の体の細胞をやっつけてくるのです

これが自己免疫疾患っていう病気です。

いろんな病気があるんですが
今回は、冒頭に書いた
リュウマチから解説します。

リュウマチって言う病気は
自分の免疫細胞が関節を攻撃してくる病気です。

自分の関節の細胞を
免疫細胞に攻撃され続けて関節の形が変わり
手の指の形が曲がったりするわけです。

・・・つまり、冒頭で患者の友達が言っていた
薬の副作用で関節が変形したって表現は間違いで
リュウマチの病気が進行して関節が変形したんです。ハイ

これが言いたかった。

薬は、たぶん免疫抑制剤と痛み止めを飲んでるから
リュウマチからくる関節の変形やら痛みを
少しでも和らげるために作用していたと思われます・・・

病気も薬もちゃんと知ってないと
恥ずかしい事になってしまうので
広く浅く正しい知識はあった方がいいですよね

ほかに代表的な自己免疫疾患は・・・
重大な副作用でよく見るアナフィラキシーショックですね。

解熱鎮痛剤とかにもアナフィラキシーとか
服用しちゃダメな人の所に書いてあったりしますよね

免疫が異常に反応して
ヒスタミンとかが異常放出されて
血圧低下やら、うっ血、呼吸困難やらが起こる症状ですね。

いろんな病気ありますが
免疫細胞が自分の細胞を攻撃して
悪い症状がでたら自己免疫疾患です。

自分の細胞を攻撃して
よい症状がでたら病気じゃないですよ。

いらない細胞やら古い細胞は、
壊さないとじゃまですからね。

免疫の暴走を食い止めるのは
ストレスかけない規則正しい生活かなぁ?

牛丼だけの生活は、ダメで栄養バランス良くってことですよ。

吉野屋で丼が当たるキャンペーンやってるから
つい肉食になってしまうんですよね・・・

と、言いつつも生活環境を変えるってのが
一番難しいですよね…

google!

google!

楽天

-薬と体のお勉強
-, , , , ,

Copyright© 侍猫さんの気まぐれニュース【本店】 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.