医薬品登録販売者試験対策を基礎からわかりやすく侍猫さん的簡単解説した件 #033

前回続いて
シーズンの鼻炎について

前回は、
薬の副作用でしたが

今回は、
アレルギー性鼻炎
そのものを理屈的に理解しましょう。

いま、流行っている
花粉症は、アレルギー性鼻炎な訳ですが
このアレルギー症状は、もちろん花粉のせいで起こってます。

花粉症は、花粉が鼻の中に入って起こるのは
何となくわかると思うんですが
花粉が鼻に入ってなんでくしゃみ、鼻水、鼻づまりが
でるのかわかりますか?

鼻にゴミが入って
くしゃみ鼻水がでるのと
花粉によるくしゃみ鼻水がるのと・・・

同じ事が体に起こってるのに
なんでこんなに症状が違うのかわかりますか?

ゴミが入って外にだす
ゴミを外に出すという体の便利反応の反射っていうのと

アレルギー反応の違いです。

花粉ってものを
体の免疫細胞が存在を知らないと
ただのゴミとして他の鼻に入ってきたゴミと
同じような反応をしますが

毎年毎年
花粉によって鼻を荒らされてると
体の免疫細胞が花粉のことを
ただのゴミじゃなくて花粉として認識するようになります。

すると
花粉が入ってきたら体にとっていらないモノって
免疫細胞が覚えてるから素早く反応できるようになり
敏感に反応するわけです。

この反応ってばい菌をやっつける仕組みと一緒です。
予防接種って弱くしたばい菌を元気なときに体に注射しておいて
免疫細胞にばい菌を覚えさせておいて
冬にインフルエンザが流行っても
免疫細胞が覚えてるからインフルになりづらいって
いうのと同じですね。

体がバイ菌やら花粉を前もって覚えてるから
がんがんやっつけたり、スムーズに外に出したりしてるわけです。

だから
鼻が出たり、くしゃみが出たりするのは
ゴミを外に出してる反応だから
一概に悪いとは言えませんが
生活に支障を来すのは問題有りな訳です。

花粉が鼻に入って
肥満細胞からヒスタミンが放出されて
アレルギー症状が出るるってのは
前にやったから
その回を読んでもらえばわかると思うので
今回は、アレルギー性鼻炎に
どんな薬が使われるか解説です。

抗アレルギー薬
アレルギーの元であるヒスタミンを
ヒスタミンが体で保管されている肥満細胞から
放出させない働きがある薬。

抗ヒスタミン薬
肥満細胞から放出されたヒスタミンが
鼻の細胞やらにくっつく場所があるんですが
そのくっつく場所に薬がくっついて
ヒスタミンがくっつかないようにブロックする
働きをもつ薬

抗アレルギー薬と抗ヒスタミン薬は
微妙に作用の仕方が違うから注意です。
違いを聞かれても答えられるように!!

ステロイド薬
鼻のうっ血やら炎症を抑える
炎症がひどいとむずむずもひどい
話すプレーに入ってたような・・・?

血管収縮薬 ナファゾリンが有名かな
鼻の中の血管がふくらんで鼻の通り道が狭くなって
空気の通りがわるくなるので血管を細くさせて
空気の通り道を広げる

今回はこんな感じでどうでしょうか?
前にアレルギーやったから
復習みたいな感じでしょうか?

ほいではお疲れ様でした。

疑問、質問がありましたら
info@samuraicat.jp
にメールくださいね。
少しでも理解できるように解説するように頑張ります。

あと・・・
侍猫企画のHPで気になる広告があったら
クリックして見てあげてください。

下の問題集は、
たまたま近くにあった問題集なので
この問題集ならページをメールくれたら解説できますよ

医薬品登録販売者試験対策を基礎からわかりやすく侍猫さん的簡単解説した件 #032

きょうは
侍猫企画で神経をマスターした人は
必要ないかも知れませんが…

今日は、
飲んではいけない人やら
箱に書いてある病気の人が飲んではいけない
のは何で?を体の仕組みを理解しながら解説したいと思います。

それでは、
花粉症のシーズンなので、
鼻炎薬をお勉強しましょう

花粉症の薬の飲んではいけない人やら注意の欄に
前立腺肥大、高血圧、心臓病、甲状腺機能亢進症、糖尿病
の人はのんだらダメやら
服用後、目のかすみ、異常なまぶしさがでることがある
…ってのがが書いてありますね

レッスン#001#002#003くらいの回で
神経をマスターしたひとには復習になるかな

まず
花粉症のよく入ってる薬って

クロルフェニラミン
プソイドエフェドリン
ベラドンナアルカロイド

ここら辺でしょうかね?
他にもカフェインやらトラネキサム酸やら塩化リゾチームやら
ありますが・・・今回は、省略します。

それでは、
なんで、前立腺肥大症の人が服用したらダメなのか・・・

前立腺肥大の人って
尿道近くで前立腺肥大しているので
圧迫されて尿が出づらくなってます。

このような患者さんに
抗コリン作用や交感神経興奮させる薬を服用したらどうなるか
予想できますか?

抗コリン作用ってのは
副交感神経の作用をブロックして
交感神経の働きを優位にするような作用の事です。

・・・わかりやすくいうと

副交感神経が働かないで
交感神経が働いてる状態だから・・・

交感神経が興奮してるときってのは、
戦っている状態やら、スポーツしている状態の体
になるって事でしたね。

戦っている状態って
おしっこでないでしょ?

リラックスしてるとき、
副交感神経が興奮してる時しかおしっこでないですよね。

だから
抗コリン薬やら交感神経興奮薬を服用してると
おしっこ出づらくなるので
前立腺肥大の人は注意ってことなんです。

まぁ
ここまで書けば大体予想できると思いますが
高血圧、心臓病、甲状腺機能亢進症、糖尿病
も交感神経興奮作用による副作用リスクを避けるために
服用しちゃダメってことになってます。

交感神経が興奮ってことは
スポーツしている状態の体ってことだから
運動してるときは心臓ドキドキ、して血圧あがってるでしょ?

だから
高血圧の人や、心臓病の人は
さらに体に負担かかるからNGなわけです。

甲状腺機能亢進症の人って、
交感神経が興奮状態になりやすいので
もちろんそんな人に薬のませたらリスクあるでしょ?

スポーツしてるときって
体中に栄養をおくらないと動けなくなりますよね?
ってことは、交換神経興奮中は、
血液中の砂糖の料がUPしてるわけです。

だから
糖尿病の人が
薬飲んだら血糖値あがってしまいますよね

あとは・・・
まぶしさやら、かすみがでる原因ですが

コレも、交感神経興奮によるモノです。
目のレンズやら瞳を調節してる筋肉が
自分で調節できなくなって起こる症状なわけです。

そんなわけだから
血圧があがりやすくなったり
血糖値が上がりやすくなってしまうので
服用注意しなきゃいけないわけです。

・・・でも
鼻水、くしゃみもツライ・・・

こんな患者さんは
プソイドエェドリンが入っていないタイプの
2類のOTC鼻炎薬がよいかもしれません

指定2類はプソイドエフェドリン入ってるのが多いし・・・

でも
抗コリン作用にも今日勉強した作用があるし・・・
薬選ぶの難しいですよね。

だから
添付文書やら箱に
書いてある、書いてないで判断しつつ
リスクの少ない薬を選びましょう。

今日は、
こんな感じでいかがでしょうか?

疑問、質問がありましたら
info@samuraicat.jp
にメールくださいね。
少しでも理解できるように解説するように頑張ります。

あと・・・
侍猫企画のHPで気になる広告があったら
クリックして見てあげてください。

下の問題集は、
たまたま近くにあった問題集なので
この問題集ならページをメールくれたら解説できますよ