山手線沿線に出没し話題のグルメやグッズにすぐ飛びつく万年二十歳のイケメンと言い続ける謎の生物。噂によると薬に詳しい何とか剤師の資格を持っていて部屋着はジャージらしい。基本的にリンクフリーです。

侍猫企画の気まぐれブログ本店

侍猫さんのつぶやき

適応外の癌でもオプジーボで治療する方法。個人輸入で海外から通販して自費診療ならできそうだね。自己責任使用のうえ保険きかないから高いけどね…

更新日:

自分にも適応外でオプジーボ使う日が来るかもしれないから、適応外の癌でもオプジーボで治療する方法を調べてみたら、個人輸入で海外から通販する方法があるっぽい。

保険きかない全額負担の自費診療になると思うけど・・・

手順としては、病院へ行ってドクターに個人輸入でオプジーボを通販するからそれで治療してって言って、医者がOKしたらできるっぽい。注射剤を海外から個人輸入する時は医師免許の写しが必要書類にあるっぽいし、まぁ輸入してもさ治療してくれる医者いないとだめだし。一般人は、自分一人で治療は無理っぽいよね。

医者がみつかれば後は、オプジーボを個人輸入サイトに頼んで海外のオプジーボを日本に届けてくれるように手配したら治療が始まるわけですな。自己診療で個人輸入薬で治療する場合は、良くなっても悪くなっても自己責任になりますがね・・・

参考:日本の会社で個人輸入してくれる通販サイト「アイアールエックス」 https://www.irxmedicine.jp/product/49633

もし日本で適応外治療するときに輸入頼むとしたら、アイアールエックスかなぁ。いろんなところで個人輸入はできるみたいだけど、安くても偽物とかいやだし、頼むとしたらある程度実績のある日本の会社がいいと思われる。

はやく、日本が自分の決めた薬で病気を治療できる時代になるといいですよねぇ・・・。添付文書にのってる症状以外でも効きましたとか文献みちゃうと使いたくなる人多いと思うし。自分なら副作用か病気の進行で苦しむリスクがあるなら選ぶ機会は欲しいと思うけどなぁ

そうそう、オプジーボってやつが発表された時は、癌細胞に攻撃できなくなった自分の免疫細胞をまたがん細胞に攻撃できるようにする薬だからすごく画期的な作用だったんだよね。

この作用機序だとさ色んなガンに使えそうだけど、添付文書で書かれている癌にしか通常使えないのが日本のルールっぽい。

個人的には他の抗がん剤より体の負担少ないと思うから色んなガンに使えるように適応症を広げてほしいけど・・・すんげぇ高い薬だからどんな癌にでも使えるようになったらみんなが使って医療費拡大しちゃうから適応を広げまくるのは無理なんだと思う。

・・・でもさ、金があれば自分ならオプジーボが良いと思うんだよね。だってさ、癌細胞破壊タイプの抗がん剤は副作用きつそうじゃない?

ちなみに2013年の6月にオプジーボ(ニボルマブ)は悪性黒色腫のオーファンドラッグ(希少疾病用医薬品)の指定をうけてから申請から承認まで1年たたなかったみたい、適応症の追加は申請から5か月後ってところかな。一番初めの承認のタイミングを見ると悪性黒色腫が承認された後、アメリカ、ヨーロッパと承認されるまでは日本が1番だったけど、他のガンの症状に適応拡大するのに時間かかって今じゃ一番日本だとがんの治療薬として選べない状態になってるね。アメリカは2015年の間に非小細胞肺癌、腎細胞癌まで治療につかえるように適応症状拡大してましたなぁ。日本で使えないけどアメリカでオプジーボが治療で使えるってドラッグラグが発生してる状態ですな。2016年12月の今オプジーボを頭頸部がんで使いたい患者は海外で治療するか・・・ドクターに個人輸入薬で海外から薬とりよせて治療したいっていうしかない状態ですな。

下記は、オプジーボの承認時期のまとめ。いろんながんに使える日がくるのだろうかね?

〇悪性黒色腫治療薬
小野薬品工業 オプジーボ®(一般名:ニボルマブ)
作用機序:抗ヒトPD-1モノクロナール抗体

(日本)2013年12月:製造販売承認申請(悪性黒色腫)
(日本)2014年7月9日:製造販売承認取得(悪性黒色腫)
(日本)2014年9月2日:発売開始(悪性黒色腫)
(米国)2014年12月25日:製造販売承認取得(悪性黒色腫)
(欧州)2015年6月25日:製造販売承認取得(悪性黒色腫)
(日本)2015年7月21日製造販売承認事項一部変更承認申請(非小細胞肺癌)
(日本)2015年12月11日製造販売承認事項一部変更承認申請(腎細胞癌)
(日本)2015年12月17日:製造販売承認事項一部変更承認取得(非小細胞肺癌)承認まで約5か月
(日本)2016年7月27日製造販売承認事項一部変更承認申請(ホジキンリンパ腫)
(日本)2016年9月7日:製造販売承認事項一部変更承認取得(腎細胞癌)承認まで約9か月
(日本)2016年12月2日:製造販売承認事項一部変更承認取得(ホジキンリンパ腫)承認まで約5か月

(日本)2016年7月27日製造販売承認事項一部変更承認申請(頭頸部がん)
2016年12月頃承認かな??

オプジーボ添付文書
https://www.opdivo.jp/contents/pdf/open/tenpu.pdf

気が向いたときに日本未承認薬が承認されるまでの海外とドラッグラグがある薬やら適応外処方系の薬をまとめた感じで行こうと思いますからね。間違いやら承認やらあったらコメント欄でうまいこと修正して問題ないです。

google!

google!

amazon!

amazon!!!

-侍猫さんのつぶやき
-, ,

Copyright© 侍猫企画の気まぐれブログ本店 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.