山手線沿線に出没し話題のグルメやグッズにすぐ飛びつく万年二十歳のイケメンと言い続ける謎の生物。噂によると薬に詳しい何とか剤師の資格を持っていて部屋着はジャージらしい。基本的にリンクフリーです。

侍猫企画の気まぐれニュース【本店】

侍猫さんのつぶやき

薬剤師の雑談 #001

更新日:

なんか

世間では、

過去にタイムスリップして病気を治すのが

流行ってるみたいなので・・・

 

 

今日は、

デロリアンに乗って小旅行に行く途中、

高速道路で次元転移装置に必要だったプルトニウムを

奪ったテロリストに偶然見つかり

振り切るためにスピードを上げて運転していたら

時速88マイルを超えてしまって

ドクが設定していた過去にタイムスリップしてしまったかと思うと・・・

過去についたとたん

デロリアンが故障してさらに怪我をして帰れなくなった人のために

 

今日は、

即席”ペニシリン”メイキング講座を始めます。

過去の時代でもできる

ペニシリンの合成、抽出、精製方法を考えてみましょう。

まず

一番最初は、

うまいこと青カビを見つけましょう

 

餅とかパンに生えるから

それでよいです。

 

つぎは、

今後の量産販売のことも考えて培養しましょう。 

 

 

青カビ部分をうまいこと削りだして

密閉できる

なるたけ綺麗な容器を見つけましょう。

 

人体に使うかもしれませんからね

器具は、綺麗なモノを使いましょうね

 

過去の世界でハイテクグッズが無くても

せめて

水は、蒸留水を綺麗にキープしたもの

容器や実験器具は、煮沸消毒したものがいいでしょう。

  

そんで綺麗なふたのできる容器に

青カビの餌になる

デンプンを含んだもの

米のとぎ汁とかジャガイモとかそれを

すりつぶしてゲチョゲチョにして

沸騰させてばい菌入らない感じに

そこに放り込んで

そこに青カビを入れて

ふたをして培養開始。

 

カビの培養温度は30度くらいがいいみたい。

 

青カビ増えたら

濾過します。

青カビの分泌液に

ペニシリンがありますからね。

濾紙が無かったら

綿とかでうまいこと濾過したらいいんでないかね

 

そんで

下に落ちた液体からペニシリンだけをとりだします。

 

ペニシリンは、水溶性で酸性なので

お酢とか入れて酸性にしてから

細かく刻んだ綺麗な炭を放り込みます

 

すると炭にペニシリンが

炭にくっつくのでその炭をお酢でであらいます。

 

次にその炭を

アルカリで洗います。

アルカリ性で洗うと酸が液体に溶け出す

わけですが

 

・・・重曹があったら重曹を使って

なかったら、食塩を溶かした水を電気分解して

水酸化ナトリウムつくって薄くして使うしかないかな?

電池だったら食塩水と炭と金属で作れるしさ。

 

・・・もし

綺麗な炭がなかったら

濾過した後酢酸入れて酸性にしたら

油とふりまぜて抽出しても良いと思います。

そんで水と油は、2層に分かれるから

その油だけとりだして

次は弱アルカリ性の水溶液で振り混ぜて

アルカリ性の液体にペニシリンを溶け出させるとかね

 

 

そんで抽出したペニシリンの強さを

自分の血とかを餌にして黄色ブドウ球菌を培養して

そこの真ん中にペニシリンたらして培養して

阻止円ができるかチェックして

阻止円ができたら精製終了かな。

 

フリーズドライとかで

塩基性溶液中のペニシリンを粉にできたら

濃度調節しやすくなると思うけど

 

何もない昔の技術でねぇ・・・

 

ペニシリンの量は、青カビによってまちまちみたいだし・・・

濃度とか投与量とかは、

技術と精製方法が完璧にならないと

抽出のたび毎回変わるので、

そこも問題ありですよね

 

うまいことなんとかするしかないと思います。

 

しかも

ペニシリンは内服では

効果が低いので

注射器が必要ですよね。

昔の時代の技術で

綺麗な注射器を作るのは

難しいですよね・・・

 

そんな昔から

ペニシリンとか抗生物質つかわれたら

現代が耐性菌だらけになっちゃうから

それも困りますよね・・・

 

それに

ペニシリンアレルギーの人は使えないし

腎臓弱ってる人も避けたい成分じゃない?

 

 

もし

デロリアンに乗って

テロリストに追われたら

まず、未来に逃げるようにしましょうね。

未来の方が、いろいろ発達してると思うし

google!

google!

楽天

-侍猫さんのつぶやき
-, , , , , , , ,

Copyright© 侍猫企画の気まぐれニュース【本店】 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.